大手システムインテグレーターの利点

システムインテグレーターとは、システムインテグレーションを行う事業者を指します。システムインテグレーションとは、複数のシステムなどが絡んだものを構築する際、それぞれの連携もしっかりと検証し、目的が果たされるようにまとめ上げることを言います。Web通販などを例に挙げると、販売するシステムと受注管理、在庫管理のシステムが別れている場合にしっかりと連携を図ることになります。

大手のシステムインテグレーターの場合、業種それぞれである程度決まった構成を持っている場合があります。個々のシステムベンダー、つまり開発会社や提供会社に対してのパイプを持っていて、案件によって即座に各システムの案を提示できることが多いです。あらかじめ複数のシステムやソフトウェアが連携するような大規模システムを構築しなければいけないとわかっている場合、クライアントが自社で各ベンダーを探すよりも効率的であることがほとんどです。

そのかわり、間に一社挟むことでそのマージン分の費用が追加になるということをクライアントは認識しておく必要があります。考える作業やつなぎ込みの部分も任せるということですので、ベンダーとの直契約よりも割高になります。